クレジットカード使用時の注意点について

by author



持っているとさまざまなシーンで活用出来る便利なクレジットカードですが、使用する際には次のような点に注意する必要があります。
注意しなければならないのが暗証番号の管理についてです。

暗証番号がわかるものとともに盗難にあった場合、コンビニATMなどを使って勝手にキャッシングされることがあります。

こうしたことの無いように、暗証番号を書き留めたメモなどを一緒にしておかないようにしたり、免許証などから推測されないような暗証番号にしておくと安心です。クレジットカードの保管方法にも注意しなければなりません。


持ち歩く場合は他のカードの出し入れや、お金の支払いの時などに落としたりすることがないようにする必要があります。



また、自宅でも磁気の近くや火のそばなどに置かないようにした方が良いでしょう。

また、クレジットカードは使い方にも注意が必要です。

手持ちのお金が無くても買い物が出来るので、つい不要な物まで買ってしまったり、自分の貯金を下ろす感覚でキャッシングを繰り返してしまうと、気づいた時には限度額いっぱいまで使ってしまったり、月々の返済が高額になってしまうことがあります。

こういったことにならないためにも、クレジットカードを使う際には収入と返済のバランスをよく考えるようにし、常に利用残高をしっかり把握しておく必要があります。



利用明細が無くてもネット上で利用残高や利用可能額がわかるクレジットカードが多いので、そういったものを活用することで簡単に確認が出来ます。