クレジットカード解約時の注意

by author



クレジットカードを複数枚持っていて、とくに普段使わないカードを解約しようと考えている人もいるでしょう。
もちろんそういうクレジットカードは解約してしまうのが良いのですが、注意点もあります。


一つは、そのクレジットカードのポイントです。
カード利用ごとにポイントが貯まりますが、まだ使い切っていないポイントが残っているかもしれません。



普段使っていない以上はさほど大きなポイントではないことが多いでしょうが、それでも過去に多く使っていたのなら残高がある可能性があります。

カードを解約してしまえばその時点でポイントは失効してしまいますから、できる限りはポイントを使い切ってから解約するようにしましょう。

次は、電子マネーと一体になっているカードの場合です。

この場合、カードを解約すると電子マネーへの入金機能がそれ以上は一切使えなくなります。

既にチャージしてある分はそのまま使えますが、新たなチャージができなくなりますし、いま残っている残高を別の電子マネーに移すようなこともできません。クレジット機能は使っていなくても、電子マネー機能は使っているという人の場合は特に注意する必要があります。



あとは例えば年会費です。
年会費は1年に1回引き落とされるようになっているでしょうが、年の途中で解約しても年会費が月割りで戻ってくるわけではありません。

そういう意味では、できるだけ年会費を支払う時期の前に解約したほうがよいわけです。