公務員とクレジットカード

by author



クレジットカードを持つにあたって公務員は非常に有利です。

公務員は基本的に失業するということがない職業と考えられているため、収入を失うことがない、つまり支払いが滞るリスクが少ないと考えられるためです。しかし、公務員であればどんな場合でも100%間違いなくクレジットカードを作れるかというと、さすがにそんなことはありません。

クレジットカードの審査は仕事だけではなく過去のクレジット支払い状況なども含まれているためで、そこが極端に悪ければ公務員といえども審査に落ちてしまうことは十分にあるのです。

例えば、これまでにカードの支払い遅延を起こしたことのある人です。

数日程度のものならともかく、数ヶ月以上も遅延を起こしたことがある、しかもそれを何回も繰り返しているなどといった人はほぼ間違いなく落ちるでしょう。


その他には、複数のカード同時期に申込もうとしている場合です。

そういう人は経済的にかなり厳しい状況にあるのではないか、カードを作るだけ作って行方をくらまそうとしているのではないかというように思われてしまうことがあるのです。



また、短期間のうちに入会と解約を何度も繰り返しているような人も落とされる可能性が高いです。



ただ単に入会時の特典目当てではないか、特典だけもらってまたすぐに解約してしまうのではないかと思われてしまうためで、このような人はさすがに公務員であっても厳しい結果になることは十分にあり得るのです。