クレジットカード現金化業者の注意点

by author



クレジットカード現金化業者を利用するときには、特にトラブルに巻き込まれないように注意しなければなりません。

相手は法律すれすれのところで仕事をしていると言っても過言ではないのです。
トラブルに合う確率は低くありませんし、トラブルに巻き込まれてもカード会社や警察なども助けてはくれないでしょう。


自分で注意しておく必要があります。
一番大きいトラブルはやはりクレジットカードから現金への換金率でしょう。
世間一般の相場を知っておく必要があります。

それと比べてあまりにも低い業者は避けるべきですが、逆にあまりにも高い業者も何か怪しいと思うべきです。

実際にそんな高い換金率でやっていけるはずがなく、何かと理由をつけて低く抑えられると考えて間違いありません。



それだけトラブルの可能性も増えるわけです。


極端な話、クレームをつけたら逆切れされて1円ももらえなかったというケースもあるのです。



もう一つが、クレジットカード情報の流出です。

現金化にあたっては、当然ながらカード情報が業者に渡ってしまいます。



良心的な業者であれば単に現金化との差額を自分の儲けにしているだけですが、悪徳業者になると、差額のみならず、カード情報までも後で悪用してさらに儲けを得ようとするわけです。

これに関しては自分で注意しているだけでは限界があります。インターネット上の評判を見るとか、必要以上に個人情報を渡さないようにするくらいの防衛手段しかありません。