クレジットカードをお店側から見ると

by author



買い物に便利なクレジットカードですが、これはカード会員側からではなくてお店の側から見るとどういうことになっているのでしょうか。


実は、お店側から見るとクレジットカードというのはメリットとデメリットの両面があるのです。ちょっと不思議に思うかもしれませんが、お店側にとってのデメリットとは何でしょうか。

それは、カードでの売上げについては、カード会社から手数料が差し引かれることになっているのです。



手数料率はお店によっても異なりますが、おおむね5%前後であり、決して安いものではありません。

例えばここに1万円の商品があったとします。

お客さんが現金でその商品を買えば、当然お店には現金1万円が入ります。

ところが同じお客さんがもしクレジットカードで買ったとしますと、カード会社からお店に支払われるのは1万円ではないのです。



手数料率5%の場合ですと9500円しか入りません。



もちろんカード会社は後日そのカード利用者の銀行口座から1万円を引き落とすわけですから、差し引き500円はカード会社の収入になるのです。


もちろんお店側にもメリットがあります。
カードが使えることで、現金を持ち合わせていないお客さんにも販売の機会が生まれます。

同じ商品であればカードが使えるお店で買ったほうがポイントがつくと思うお客さんもいるでしょう。

しかし、今まさに商品を購入しようとしているお客さんで、現金払いもカード払いもできるようなときは、お店としては現金払いをしてくれるほうがありがたいのです。