クレジットカードのスキミング

by author



クレジットカードの犯罪の一つに、スキミングと呼ばれるものがあります。

所有者の分からないところ、知らないところで、クレジットカードの磁気ストライプに記録された情報を盗み取ってしまうもので、こういう犯罪に合うとその後クレジットカードそのものは手元にあっても、データが悪意ある他人の手に渡ってしまっている以上、不正利用されるリスクがあります。



これを完全に防ぐような方法は難しいのですが、まず原則はカードを不用意に他人に渡さないことです。



これは誰でも実践しているでしょうが、カード利用時に店員に渡すことは避けられませんね。


この場合でも、できるだけ自分の目の前でカードを扱ってもらうようにします。

カードの扱いを理解している店員であればそのようにするはずですが、例えばお店の奥にカードを持ったまま引っ込んでしまったときとか、自分には見えないレジの下部あたりで不自然に長い時間カードを扱っているようなときは疑いを持ったほうがよいです。相手も人を見ていますから、全くそういうことを気にしてもいないような無防備な人は狙われやすく、何かこの人は注意深いな、ちょっとこれはガードが固そうだなと思われる人をわざわざ狙ったりはしないものだからです。



日本国内ではそこまで注意するようなことはあまり必要ないかもしれませんが、海外旅行などでカードを使うときにはこのスキミングという犯罪があることを念頭においておく必要があるでしょう。